家具店店長研修

家具販売チェーン店店長研修

前年に行ったスタッフ研修を受けて、上長の研修をご依頼いただきました。
研修を通して、全員が型やルールを知り共通言語を得て、
店づくりについて話し合う風土づくりのきっかけになりました。

陳列やディスプレイも「何となく、こうかな?」だけではなく、
型やルールをもとに話し合うことで、自然にアイデアが積み重なって
PDCA(計画・実行・検証・改善)の上昇する渦を描いて、自ら進化する店づくりになっていきます。

家具店ワーク風景

店長研修でもいくつかのワークを行います。
自分の店舗を思い浮かべながら、分類やレイアウトを図にする、個人で行う記入式ワークは
「客観視できる!」と好評です。

分類もレイアウトも、答えのない課題です。
個人の結果をグループでシェアすると、
自分一人では出ないアイデアに触れることもできるので、
ふだん忙しくしている店長にとっては、
研修時間が現場を離れて考える機会にもなりますね。

 

家具店店長実習風景事例の企業では、ワークの一環として
即席のチームを組んで、ディスプレイコンテストも行いました。

店長たちが頭を寄せ合い
家具店ならではのディスプレイを企画・設営する体験は、
後に現場へも波及、
各店舗のディスプレイを促進することにも繋がりました。

関連記事

  1. 事例:M社提案図
  2. 事例:M農園会場設営
  3. うし若丸外観
  4. 事例:V字経営会場設営
  5. 研修スライド1
  6. 印鑑店ディスプレイワーク
PAGE TOP