オフィスアールエス オフィスアールエス メール
「ミセヂカラ」がUPした事例をご紹介します。

VMD導入事例

Case 1:春日井サボテン・ラボ&ショップこだわり商店様

地域特産品店・愛知県春日井市

春日井サボテン・ラボ after
ミセヂカラVMD
春日井サボテン・ラボ before
ミセヂカラVMD
VMD導入前の状態
お店の悩み
  • 「全ての商品を見せたい」という思いのあまり、商品が山盛りに。
  • 雑然として何があるのかわからない。
  • 産地や種類の区分けがされていない。
  • せっかくの商品が探しにくい。
VMD施工ポイント
  • 展示テーマを決めて、どんなお店なのかわかりやすくする。
  • 「どんな商品があるのか」一目でわかるようにし、訴求力を高める。
  • 中央のガラスショーケースの上には商品を置かずに商談スペースに。
  • テーマ以外の商品は産地別に展示し見やすく配置。
設備投資など 0円(什器の配置・商品の陳列の見直しのみ)
施工後の効果
  • お客さまに商品を手に取っていただける機会が増えた。
  • お客さまから話しかけられる回数が増えた。
  • 商談スペースができたので説明しやすくなった。
  • 雑然としていた店内がキレイに整理されて、管理もしやすくなった。
ミセヂカラのツボ

置いてあるすべての商品を見てほしいというのは、どのお店でも同じだと思います。だからといって何でも山盛りにギューギューに置いてしまっては、すべての商品が埋もれてしまい、結局何も見てもらえないことになります。

大切なのは、適度な余白とバランス。余白があることで、商品が見やすくなるほか、展示にリズムが生まれ、隣の商品にも手が伸びるようになります。また、店頭は倉庫ではないので、商品を山盛りに置くことはありません。

今回のVMD施工では「春日井とサボテン」というテーマを設け、商品の分類と展示区画を決定。種類や大きさなどに気を配りながらバランスよく配置しました。また、テーマから外れたものに関しては、生産地別に展示し、地域性を出すようにしました。

そして、一番目立つ中央のガラスケースの上には、敢えて何も置かないようにしました。中の商品がよく見えるだけでなく、息苦しさも緩和され、整った心地良いお店の印象に生まれ変わります。

また、開いたスペースは商談スペースとして使えるようになったので、商品お説明やお客様とのコミュニケーションも円滑になります。

shop紹介

春日井サボテン・ラボ&ショップこだわり商店 http://kasugai-saboten.jp/

Case 2:店頭の演出の改善

雑貨店・名古屋市内

店頭の演出の改善 after
ミセヂカラVMD
店頭の演出の改善 before
ミセヂカラVMD
VMD導入前の状態
お店の悩み
  • 無機質なビルの一角でわかりにくい。
  • 何のお店かわかりにくい。
  • チラシ・ポスターが入り口を覆ってしまい逆効果。
VMD施工ポイント
  • 親しみやすさを演出
  • ポスター類をはずし、入口を開けて何のお店かわかるように
  • また、入口を開けることで、入店しやすく。
  • オススメ商品を店頭にディスプレイ
設備投資など タオルかけ 105円
施工後の効果
  • 入店客数が2倍に!
  • 売上金額が4倍に!
ミセヂカラのツボ

お客さまが「入る、入らない」を判断する材料は3つあります。

ひとつ目は商品。何を売っているのかが歩きながら目に入ることが大事です。
ふたつ目は価格。値段のわからないお店には入りにくいものです。
三つ目が店内の様子。どんな雰囲気か、どんな人がいるのか、初めてのお店なら気になるものです。

このお店では間口が狭く、この3点が表現できていませんでした。
そのため、ドアを開けて商品にプライスカードを付けて前へ出すようにしました。
これで、商品も、お店の中もスタッフさんの様子もひとめでわかるようになりました。
たったこれだけのことで、入りやすさが演出されて入店数が2倍に増えました。
特に、通行客の多いところのお店には有効ですよ。

Case 3:店内商品分類の改善

リサイクル衣料店・名古屋市内

店内商品分類の改善 after
ミセヂカラVMD
店内商品分類の改善 before
ミセヂカラVMD
VMD導入前の状態
お店の悩み
  • 商品区分はレディースとキッズの2分割。
  • 分類が大まかで、欲しい商品が探しにくい。
  • きれいに陳列しているつもりでも、なんとなくまとまりがない。
VMD施工ポイント
  • 年代・シーンに合わせて5つに区分。
  • 通路ごとに、同じ区分の商品を配置して、商品を見つけやすく。
  • POPの配色、展示方法を見直し、高級感を演出。
設備投資など POP制作費(通常の年間予算内で処理)
施工後の効果
  • お客さまの滞在時間の増加。
  • 客単価の増加。
ミセヂカラのツボ

リサイクルショップの特性として商品を店側がコントロールしにくく、雑多なものが集まってごちゃごちゃに見えてしまうことがあります。

このお店でも、開店して数年のうちに収拾がつかなくなっていました。これではお客さまも、お目当ての品に辿り着くまでに時間がかかって疲れてしまいます。

そこで、分類の仕方を年代別・シーン別、テイスト別に細かく分けることで、お客様にも伝わりやすくなりました。同時にPOPデザインを高級感あるものに変更、店内のイメージアップにもつながりました。 その結果、お客さまの滞在時間が延び、購入点数も多くなりました。

細かな分類をすることが、逆に、お客さまの選択肢を増やし買いやすくなる場合もあります。

Case 4:新規店の商品陳列

アクセサリーショップ・岐阜県多治見市

新規店の商品陳列 after
ミセヂカラVMD
新規店の商品陳列 before
ミセヂカラVMD
VMD導入前の状態
お店の悩み
  • どのように並べればいいかわからない。
  • 自分で並べると、安っぽく見えてしまう。高級感を出したい。
VMD施工ポイント
  • 左右対称に陳列し、軽快の中にも高級感を演出。
  • テイスト別に分類し、商品を選びやすく。
  • 壁面を効果的に活用し、展示に広がりと立体感を。
設備投資など 店舗の開業費用内で処理
施工後の効果
  • 安心して楽しく選ぶことができる。
  • 同じテイストのものが近くにあるので次々に手にとってもらえる。
  • お店の雰囲気を維持しやすい。
ミセヂカラのツボ

カフェの壁部分を使った、横長のアクセサリー売り場です。テイストごとにまとめながら、お客さまが楽しみながら選べるように陳列しました。

横長に広がる売り場をつくるとき、端から始めると納まりがつかなくなります。このような場合は、中央から始めて、左右対称に順に広げるようにしましょう。

また、左右対称は、重厚感・高級感を表現するともいわれています。商品の特性とも合わせて利用するとよいでしょう。

Case 5:店舗レイアウトの変更

輸入雑貨店

輸入雑貨店 after
ミセヂカラVMD
輸入雑貨店 before
ミセヂカラVMD
VMD導入前の状態
お店の悩み
  • お客さまが回遊せず入り口だけで帰ってしまう。
  • 自店の奥が暗いと言われる。
VMD施工ポイント
  • 什器の並べ替えで、「ひょうたんのくびれ」になって通りにくい部分を解消。
  • 店奥に華やかな商品群を陳列し、壁を照明で照らす。
設備投資など スポットライト2個増設(約5,000円)
施工後の効果
  • お客さまが奥までまんべんなく回遊するようになった。
  • 明るくなった、広くなった、と言われるようになった。
  • 購買点数、客単価のUP!
ミセヂカラのツボ

レイアウトのとき、通路幅が十分にとれているかも、検討してください。ほんの少し狭いだけで、お客さまの気持ちにストップをかけてしまうことがあります。

このお店は、中央部分の通路が「ひょうたんのくびれ」のようになっていました。

測ってみれば什器間隔は1m近くあり、狭いわけではありませんが、お客さまがそこから奥に入りにくくなっていました。そこで、思い切って一番奥に華やかさのある商品を陳列し、目を引くように照明を増設したところ、自然と奥の方まで入ってくださるように改善できました。

照明も、ときどき、点検するようにしましょう。人の目は、壁や商品に光が当たった部分で、明るさを感じます。どこを照らすのが効果的か、試してみることも大事です。

店舗改善のご相談

お店を良くしたい!と思ったら、お気軽にご相談ください。

オフィスアールエスでは、魅力的なお店づくり、商品ディスプレイ、什器レイアウトなど「ミセヂカラ」UPのためのご相談をいつでも受け付けております!

  • 「今までの陳列、変えた方がいいのかな?」
  • 「このテーブル陳列どう思う?」
  • 「ディスプレイがイマイチ決まらない」
などなど。

今抱えているお悩みを、是非当社にぶつけてください!
即効性のあるアドバイスから、中長期的な対応までご要望に合わせてご提案させていただきます。
また、新商品導入・販促企画・商品企画・スタッフ教育などについてのコンサルティング、定期的なコンサルティングも承ります。

ご相談料金

1回 90分 10,000円(税別)~
遠方の場合、交通費・出張費を別途ご負担いただく場合があります。
(事前にお見積りします)

こちらもご検討ください!

見せ方の相談室
第2火曜日 夕方から 2組限定